旅行や観光・季節のイベントに関して役立ち情報を発信し、インスタグラムといったSNSで旅先での絶景穴場スポットやグルメなどをシェアしながら紹介しているサイトです。

土浦花火大会2018の開催概要と桟敷席チケットについて

 
WRITER
 
土浦花火大会
この記事を書いている人 - WRITER -

1925年(大正14年)から続いている歴史ある花火競技大会の【土浦全国花火競技大会】はご存知でしょうか。

花火ファンなら1度は行った事があるという方も多いかも知れませんが、今回は土浦花火大会に行った事がない人はもちろん、行った事がある人にも改めて土浦花火大会の魅力をお伝えできるような内容でまとめたいと思います。

また、2018年の開催概要についても現時点でわかっている情報を載せますね。

 

< スポンサーリンク >

土浦花火大会の魅力

土浦花火競技大会とは、日本煙火協会が後援する花火の競技大会で、茨城県土浦市で毎年開催されています。

全国の煙火業者のうち約60社が技を競い合うこの大会は、毎年違った花火を見る事ができるため、何度訪れても飽きる事はありませんし、訪れる人を魅了してやみません。

魅力とも言える競技部門は、速射連発の【スターマインの部】・発色や煙火の開き方を審査する【10号玉の部】・型物や新しい技術を披露する【創作花火の部】の3つに分かれていて、この3部門のうち、最も優れた花火を打ち上げた業者には内閣総理大臣賞が贈られる事になっています。

打ち上げ時間は2時間半と長めですが、打ち上げ数で言うと休みなく約2万発もの花火が打ちあがります。

土浦花火競技大会に訪れると、その年の花火のトレンドがわかってしまうほどの大きな大会なので、見応えは十分な花火大会と言えるのではないでしょうか。

 

土浦花火大会2018

土浦花火大会

土浦花火競技大会は、例年10月の第一土曜に開催されています。現時点でわかっている開催概要についてまとめますね。

開催概要

日程:2018年10月6日(土)

※雨天・荒天の場合は状況に応じて翌日の日曜、または翌週の土・日・月(体育の日)のいずれかに順延
時間:18時~20時30分
打ち上げ数:約2万発
露店:約1,000店の出店を予定
駐車場:約5,000台分の臨時駐車場や有料駐車場あり
※混雑は避けられないので、公共交通機関の利用がオススメ
公式HP

 

桟敷席チケット購入方法

土浦花火競技大会の桟敷席(有料席)チケットを購入する方法は2通りあり、桟敷席の種類は全マスが¥22,000で(1.7m×1.7m)6人まで入場可となっており、半マスは¥11,000で(1.7m×0.85m)3人まで入場可となっています。

購入方法については以下にまとめますね。

  • 電話申し込みまたはインターネット(ローチケ)申し込みによる抽選販売

どちらか一方で申し込みするようにして下さい。

両方で申し込んでも、一方しか有効になりませんのでご注意下さい。

電話申し込みの場合は当選確認後、ゆうちょ銀行でのご入金となり、インターネット申し込みの場合はクレジット決済のみとなっています。

  • 窓口販売

霞ヶ浦文化体育会館(水郷体育館)にて全マスのみの販売が行われます。

購入できる桟敷席数は1人2枚までとなっていますので、ご理解とご協力をお願いします。

抽選における当選について

チケット販売が開始される日時については、現時点ではまだ発表されていませんが、例年の日程を見ると全国発売(申し込み受付)が7月中旬から開始されており、抽選販売の当選確認ができるのは8月上旬となっています。

当選された方にチケットが届くのが9月下旬となっていますので、待っている間は本当に待ち遠しいですね。

また、2017年の窓口販売が9月1日の午前8時から開始となっていましたので、こちらも要チェックです。

 

Mato-MEMO

旅メモ・まとめ

例年の来場者数は70~80万人だそうですが、言われてもピンときませんよね(笑)

会場付近はかなりの混雑が予想できるくらいでしょうか。

確実に席をゲットするには、電話やインターネットの他に窓口販売もチェック!

9月に入ると公式サイトにてプログラムが発表されるので、それを見ながら花火を見ると審査員のつもりで花火を見る事ができます

会場付近は混雑が予想されますので、時間と気持ちにゆとりを持って行動しましょう。

 

< スポンサーリンク >

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

他にも、旅行・観光・季節のイベントに関する絶景穴場スポットやグルメ・基本情報などといったエントリーがありますので合わせて読んでいただけると幸いです。

出典元:http://netwadai.com*https://matome.naver.jp

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅の足跡 , 2018 All Rights Reserved.