旅行や観光・季節のイベントに関して役立ち情報を発信し、インスタグラムといったSNSで旅先での絶景穴場スポットやグルメなどをシェアしながら紹介しているサイトです。

市川花火大会の穴場スポット3選と有料席での楽しみ方

 
WRITER
 
市川納涼花火大会
この記事を書いている人 - WRITER -

千葉県の北西部に位置し、江戸川をはさんで東京都江戸川区と隣接している千葉県市川市。

都心から15km~20km圏内のため、首都圏のベッドタウンとして人口も多く、人気の高い市川市ですが、夏の花火大会も人気があるんですよ。

今回は、その市川市民納涼花火大会の穴場スポットと有料席での楽しみ方をご紹介します。

 

< スポンサーリンク >

市川市民納涼花火大会の魅力

市川市民納涼花火大会の特徴は、なんといっても江戸川を隔ててお隣の、東京都江戸川区と同時開催されることでしょう。

打ち上げ総数:約14,000発は国内最大級、8つのテーマで構成されたプログラムは、それぞれ趣向を凝らし、会場のBGMがそれをさらに盛り上げます。

打ち上げられる花火の種類も、人気のスターマイン(速射連発花火)をはじめ、仕掛け花火や、柳、小割物、型ものなど多彩です。

2017年のプログラムは、こんなかんじでした。

市川花火2017プログラム

 

市川市民納涼花火大会2018の開催概要・アクセス

花火

 

日程と時間

市川市民納涼花火大会は、毎年8月の第1土曜日に開催されます。(荒天の場合は、翌日に順延)

先述の通り、江戸川区花火大会と同時開催です。

日程:2018年8月4日(土)

時間:午後7時15分~8時30分

 

アクセス

会場は、メイン会場となる「市川会場」、少し離れた「行徳会場」になります。

それぞれの会場へのアクセスは下記の通りです。

  • 市川会場

JR総武線「市川駅」南口より徒歩約15分

JR総武線「本八幡駅」南口より徒歩約30分

京成電鉄「国府台駅」「市川真間駅」より徒歩約20分

本八幡駅南口より:京成トランジットバス・市川駅行き「大洲防災公園」下車

市川花火バスアクセス

  • 行徳会場

東京メトロ東西線「妙典駅」より徒歩20分

市川花火「行徳会場」アクセス

 

< スポンサーリンク >

市川市民納涼花火大会の穴場スポット3選

「市川市民納涼花火大会に穴場はないの?」という声にお応えして、調べてみました。

 

  • 国府台駅付近の河川敷

「国府台」と書いて「こうのだい」と読みます。

京成本線で上野駅から船橋方面の電車で12個目の駅で、上野駅からの乗車時間は約35分です。

各駅停車しか停まらない、小さな(お住まいの方、ごめんなさい!)駅なので、ホント穴場です!

都営地下鉄浅草線と乗り換えできる「青砥駅」から4駅ですので、都心方面からもアクセス可能です。

市川会場からは少し離れていますが、広い河川敷なので、じゅうぶんに楽しめますよ。

河川敷はすぐ近くですが、京成電鉄の駅員さんに尋ねると、親切に教えてくれる(はず)です。

 

  • 大洲防災公園(オオスボウサイコウエン)

市川会場近くの穴場としてよく紹介されています。

最近では知名度が上がってきたので、少し人が増えてきたようです。

とにかく会場から近いので、臨場感は抜群です。

駐車場やトイレもあります。

大洲防災公園

住所:千葉県市川市大洲1-18

JR総武線市川駅南口から徒歩約20分

JR総武線市川駅南口「本八幡駅」行きバス「大洲防災公園」下車

◎駐車場あり(25台)最初の90分間は無料、それ以降は30分ごとに100円

 

  • 行徳会場

さきほどご紹介した、行徳会場も市川市民納涼花火大会の穴場といえるでしょう。

市川会場は、メイン会場ででもあり、アクセス手段が多いので、ぞのぶん混雑するのですが、行徳会場のほうは、例年、比較的混雑が少ないようです。

東京メトロ東西線「妙典(みょうでん)駅」から、行徳橋付近の河原に向かって20分ほど歩いたところになります。

 

先述の通り、江戸川区と共同開催なので、江戸川区側からも観覧でき、江戸川区側にも穴場スポットはあります。

 

屋外での注意点とルール

ここまでご紹介してきた穴場は、すべて屋外なので、その場合の注意点とルールを挙げておきます。

準備必須の持ち物

  1. 虫よけスプレー(必携)
  2. 虫刺され用薬
  3. ビニールシートなどの敷き物
  4. ウェットティッシュ
  5. ゴミ袋(会場にポイ捨ては厳禁)
  6. 雨具

注意点とルール

安全に、楽しく観覧するためにマナーは守りましょう。

ゴミは必ず持ち帰りましょう。(コンビニのゴミ箱もNGです)

場所取りが禁止されている区域の石置き、スプレー等はやめましょう。

ドローンは禁止です。

会場へ徒歩で移動する際の歩きスマホは絶対やめましょう。

会場付近の交通規制に注意して、ルールを守りましょう。

場所によっては、ペット連れNGのところもあります。

 

< スポンサーリンク >

市川市民納涼花火大会を有料席でゆっくり楽しみたい

せっかくの花火大会ということで、少し奮発して、有料席でゆっくり楽しむ方法もあります。

有料席のチケットは、下記のいずれかの方法で入手できます。

  • チケットぴあ (チケットぴあは無料会員登録が必要です)
  • 電話予約

発売初日:0570-02-9920(Pコード不要)
2日目以降:0570-02-9999にお電話してください。(24時間受付)
全席種共通のPコード(635-788)が必要です。

  • サークルK・サンクスの各店舗
  • セブンイレブン

2018年分の発売はまだですが、例年6月中旬以降に発売されるようなので、チェックしてみてください。
気になる料金ですが、参考までに2017年のものを載せておきます。

有料席の料金(席種ごとの枚数単位での申込、購入)
桟敷席:1マス18,000円180㎝×90㎝(定員4人・4枚)
ペア席:1シート10,000円 (土手斜面はたは平面)150㎝×90㎝(定員2人・2枚)
イス席(パイプ椅子):1席6,000円 (定員1名・1枚)

 

Mato-MEMO

旅メモ・まとめ

文豪、永井荷風が愛した市川。

彼は、ほろ酔いで土手を歩くことで、作品のインスピレーションが沸いたとか。

市川の花火もきっと、小説の中の一場面のような感動を与えてくれるでしょう。

 

< スポンサーリンク >

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

他にも、旅行・観光・季節のイベントに関する絶景穴場スポットやグルメ・基本情報などといったエントリーがありますので合わせて読んでいただけると幸いです。

出典元:http://maruchiba.jp*http://www.ichikawahanabi.jp

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅の足跡 , 2018 All Rights Reserved.